事業内容

Medical事業部
(医療用機器事業)

目指すのは、
業界に新たなカテゴリを生む、
革新的なものづくり

島根大学医学部整形外科学教室が構築する「骨折治療支援システム」の実現に向けて、産学連携で研究開発を行っています。これは、骨折治療で用いられる骨ネジを、患者自身の骨から形成するという画期的な試み。日進製作所は、切削加工によって複雑な三次元形状を製作する工業技術を医療に展開し、骨折部を接続する骨ネジを形成する「骨用複合加工機」の開発に取り組んでいます。

目指すのは、優れた加工精度や安全性はもちろん、手術中に医師が迷わず操作できる直感的なユーザーインターフェースを備えた新しい分野での医療機器であり、医療機器業界に新たなカテゴリを生む、革新的なものづくりに心血を注いでいます。

医療機器メーカーとしての
日進製作所

バイオ・メディカル事業本部が取り組んでいるのは、部品製造だけでなく、ソフトウェア開発だけでもない、設計から開発、製造、運用までの全てを包括する医療システムの開発。日進製作所は今、完全に独立した医療機器メーカーのポジションに立とうとしています。

医療機器メーカーには規格・ルールの厳守や最大限の安全性の確保が求められ、異業種からの新規参入は困難と言われています。しかしわたしたちは、その高いハードルを日進製作所に根づく妥協のないものづくり体制で乗り越えます。継続的に改良を重ねていく堅実な開発・製造体制や、自動車業界でTier1としての実績を積み重ねてきた高度な品質保証体制をベースに、信頼と安全のシステムを供給する医療機器メーカーを目指します。

日本から世界へ。
70億人に貢献する医療機器を

今後、2030年を目標にバイオ・メディカル事業を日進製作所の第二の柱へと育てていきます。その第一歩が、骨用複合加工機の完成です。この試みが実現すれば、難治骨折で脚が動かなかった人がまた歩けるようになり、怪我をしたアスリートが再び本来のパフォーマンスを発揮でき、可能性のある子どもたちが将来を諦めなくてもよくなる、新しい未来が拓けます。

日本で基盤を築いた後は、海外への展開を考えています。まずは医学の中心地であり、医療のグローバルスタンダードとも言えるアメリカへと拡大し、その先はさらにアジアへ。世界中の患者の課題解決に、わたしたちが開発する医療機器で貢献することがバイオ・メディカル事業本部の目指す未来です。