ニュース

カテゴリー: Medical事業部

カテゴリー:Medical事業部

Medical事業部がGlobal Navigationに参加しました

医工連携イノベーション推進事業(AMED、大阪商工会議所)の一環である、

Global navigationへの参加のため、シンガポール、メルボルンへ10日間滞在してきました。

【訪問・面談先】

シンガポール(11/22~24):11件の施設(医療機関、政府機関、企業)、2件の個別面談(整形外科医)

メルボルン(11/27~30):9件の施設、2件の個別面談(整形外科医、KOL)

現地の整形外科医に、骨加工装置を紹介したところ、「将来性と価値がある」、将来的に搭載予定である3D加工機能についても、「大いに将来性がある」、と日本での展示会出展時と同様、好評なご意見を頂きました。

メルボルンで面談したKOLからは、著名な他の整形外科医を紹介頂き、帰国後web面談の機会を持つことが出来ました。

ある医療機関からは、けがをした競走馬に対する治療、といった新しいアイデアが出たり、訪問した複数の企業からは、パンフレット送付の依頼を受ける等、海外事業展開に向け、ネットワークを広げる機会を持つことが出来ました。

世界を目指す、他の参加企業のパワーを持ち帰り、今後も骨加工装置の開発に邁進してまいります。


骨加工装置が整形外科領域の幅広い範囲において適応可能かどうかについて様々な専門領域の先生方に意見を伺うため、Medical事業部は2023年、3つの学会において骨加工装置を出展致しました。

関節病学会では「関節炎や肘周囲の症例(肘頭骨折等)に良さそう。」といった関節周辺の症例への応用の可能性をご提案いただいたり、足の外科学会では「足」が全体重がかかる部分のためか、「加工後の骨は折れないか?」といった骨の強度についての質問を多くいただく等、各専門領域に関連したご意見をいただき、骨加工装置が様々な領域で活用される可能性を再認識できました。また、いずれの学会においても将来的に搭載予定である3D加工機能についてもご好評をいただき、骨加工装置の目指す方向性と先生方のニーズに相違はないと改めて確認することができた機会となりました。

頂いたご意見から見えてくる課題に取り組みつつ、骨加工装置の目指す方向性に向けて今後の開発も進めて参ります。


2022年11月3日(木)、4日(金)の2日間、愛媛県松山市のアイテムえひめにて開催されました「第47回日本足の外科学会学術集会」において、Medical事業部が開発中の骨加工装置を出展しました。

当社ブースでは、開発中の骨加工装置に加えて、実際の足外科領域での臨床応用例を大画面モニターで展示しました。当社独自の精密加工の技術と、加工領域の滅菌対応など、臨床現場において安心して使用できると、多くの先生方にご理解いただきました。

足の外科専門医の先生方が抱える臨床症例や、当装置の可能性について専門的な質問もあり、関心度の高さがうかがえました。


カテゴリー:Medical事業部

骨加工装置を「JOSKAS-JOSSM 2022」にて出展しました

2022年6月16日(木)~18日(土)の3日間、札幌コンベンションセンターにおいて、第14回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)ならびに第48回日本整形外科スポーツ医学会学術集会(JOSSM)が、「JOSKAS-JOSSM 2022」として合同開催され、当社が開発中の骨加工装置を出展しました。

このJOSKASならびにJOSSMの合同開催は、医師・理学療法士・トレーナーなどからなる大きな学術団体で、両学会の異なる視点からこれまで解決できなかった課題の解決を目的としています。当社ブースでは、開発中の骨加工装置と加工サンプルなどを展示し、手術室内などの臨床環境においても簡単に使用できる骨加工装置に多くの先生方から関心を持っていただきました。